ヘッドラインニュース

チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ 2018」−新宿NSビルで、入場予約制に

(2017年11月10日)

この記事の場所を見る

チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ 2018」−新宿NSビルで、入場予約制に

写真を拡大

「サロン・デュ・ショコラ2018」で販売される日本限定「セレクションボックス」3種(上:アバンチュール、左下:五感、右下:大地とショコラ)

 三越伊勢丹は11月7日(火)、来年開催する〜パリ発、チョコレートの祭典〜サロン・デュ・ショコラ2018の概要を発表した。

【画像】今回初登場する注目ブランド

 16回目となる今回の会期は2018年1月22日(月)〜28日(日)(各日10時〜20時)の7日間。会場は一昨年の、新宿NSビル地階イベントホールに戻す。これまでと大きく異なるのは、その入場方法。待ち時間や会場内の混雑緩和のため「入場予約制」となり、あらかじめ入場チケット(有料)が必要となる。伊勢丹のPR担当者は今回の入場チケット導入で「会場内でのショコラの購入やショコラティエとの交流をゆっくり楽しんでいただけるのでは」と話す。

 入場チケット入手方法は、公式サイトまたはデジタルチケットサービス「Yahoo!JAPAN パスマーケット」で、希望日時を指定する時間帯別の入場チケットを購入。料金は648円(「サロン・デュ・ショコラ 2018」カタログ付き)で、決済はクレジットカードのみ。12月2日(土)10時から受け付ける(先着順で無くなり次第終了)。

 エムアイカード会員には、開催直前の2018年1月20日(土)・21日(日)の両日、特別招待日を(各日10時〜20時)設ける。この場合も時間帯別入場チケットが必要で、同じくネットで販売。料金は540円(同)で、決済はエムアイカードのクレジットカードのみ。11月18日(土)10時〜30日(木)10時に受け付ける。

 今回のイベントのテーマは、パリ本会場と同様の「ショコラの偉大なる冒険。ようこそ!ショコラのラビリンスへ」。ショコラの歴史を振り返り、作り手の情熱や数々の挑戦に思いをはせながら、次なる新しい探求を続けるための思いや工夫を、それぞれショコラに込めているという。

 東京会場には、15カ国、108ブランドが集結する。初登場するのは、仏カンヌなどに3店舗を構える「アンテュイション バイ ジェローム・ドゥ・オリヴィエラ」や、仏リールにショップを構える「カンタン・バイィ」、仏パリにキャラメルをコンセプトにしたショップを構える「キャラメル パリ」、ベルギー・ヘントにショップを構える「マレーン・クーチャンス」など17ブランド。中には、10月20日(金)に、マレーシア・クアラランプールの「ISETAN The Japan Store Kuala Lumpur」に世界1号店をオープンした、三越伊勢丹プロデュースのアジア発、アジア人のためのプランド「NAYUTA CHOCOLATASIA」も初登場。日本でも人気の高い「パトリック・ロジェ」が数年ぶりに登場するなど、5ブランドが再登場する。

 日本限定で展開する恒例の「セレクション・ボックス」は3種類。「冒険の書」をイメージしたパッケージに入った、16人のシェフによるショコラと素材の組み合わせの新しさ、クリエーションが楽しめる「アバンチュール(Adventure)」(16個入り=9,504円)をはじめ、12人のシェフによる味や香り、食感、音、デザインで五感への刺激を表現したショコラを、「冒険」をテーマに、羅針盤をデザインしたパッケージに詰め合わせた「五感(5 Sens)」(12個入り=7,020円)、異なるカカオ産地とその特徴が楽しめる、カカオが主役のボンボンショコラを、パリ本会場の主催者、フランソワ・ジャンテさんのイラストをデザインしたパッケージに詰め合わせた「大地とショコラ(Terre et Chocolat)」(10個入り=6,696円)を販売する。

 東京以外では、丸井今井札幌本店、名古屋栄三越、ジェイアール京都伊勢丹(各2018年1月31日〜2月14日)、仙台三越(同年2月1日〜14日)、岩田屋本店(同年1月25日〜2月14日)で開催する。

サロン・デュ・ショコラ 日本公式サイト伊勢丹三越

アーカイブ

大丸東京店で「土用の丑の日」商戦−定番から進化系まで40種超

大丸東京店で「土用の丑の日」商戦−定番から進化系まで40種超 今年の「土用の丑(うし」の日」(7月20日)に向け、大丸東京店地下1階食品ほっぺタウンで現在、バラエティー豊かなウナギフ…

池袋東武、土用の丑の日商戦−ウナギモチーフの卵焼き、パンなど

池袋東武、土用の丑の日商戦−ウナギモチーフの卵焼き、パンなど 7 月20 日(金)の「土用の丑(うし)の日」に合わせ、東武百貨店池袋本店は同19 日(木)〜21日(土)、うなぎの蒲焼…

松屋銀座で「フィールハワイ イン ギンザ」−ロコモコ、松屋限定グルメバーガーなど

松屋銀座で「フィールハワイ イン ギンザ」−ロコモコ、松屋限定グルメバーガーなど 松屋銀座は7月11日(水)より、8階イベントスクエアと1階スペース・オブ・ギンザをメイン会場に、ハワイアンフードやファッ…

阪神梅田本店で「土用の丑」商戦−うなぎかば焼きに加え牛肉フードも

阪神梅田本店で「土用の丑」商戦−うなぎかば焼きに加え牛肉フードも 今年は「一の丑」(7月20日)、「二の丑」(8月1日)と2回ある「土用の丑(うし)の日」に向け、阪神梅田本店地下1階「阪…

西武池袋本店で「真夏のスイーツフェス」−金魚・風鈴・花火など表現

西武池袋本店で「真夏のスイーツフェス」−金魚・風鈴・花火など表現 全館挙げて「IKESEI 夏まつり」を開催している西武池袋本店地下1階和洋菓子で7月7日(土)、「真夏のスイーツフェステ…

シブヤ経済新聞

広域渋谷圏のビジネス&カルチャーニュース

最新ニュース

ヘッドラインニュース一覧

フォトフラッシュ

(左から)うなぎロリポップ、うなぎMIX、蒲焼きロリポップ

大丸東京店の「土用の丑の日」商戦。インパクトあるキャンディーは、左から「うなぎロリポップ」「うなぎMIX」「蒲焼きロリポップ」
[拡大写真] [関連記事]

フォトフラッシュ一覧

アンケート

各百貨店のオンラインショッピング、あなたは利用していますか?

アクセスランキング

  1. 大丸東京店で「土用の丑の日」商戦−定番から進化系…
  2. 西武池袋本店で「真夏のスイーツフェス」−金魚・風…
  3. 「アンリ・ルルー」大人のひんやりデザート3種、伊…
  4. 銀のぶどう「糖質とカロリーにこだわりました」シリ…
  5. 池袋東武、土用の丑の日商戦−ウナギモチーフの卵焼…
  6. 松屋銀座で「フィールハワイ イン ギンザ」−ロコ…
  7. 阪神梅田本店で「土用の丑」商戦−うなぎかば焼きに…
  8. 阪神梅田本店、デパ地下でタコ商戦−「半夏生」に向…
  9. 日本橋高島屋で「やまがた展」−パフェ、かき氷、サ…
  10. 夏の和菓子「水無月」、新宿小田急で4店舗が限定販…

アクセスランキング一覧

デパチカドットコムは以下でもチェック!