ヘッドラインニュース

松屋銀座で「ライフ イン フィンランド」−ショコラ フィンランド&コーヒー

(2017年11月29日)

この記事の場所を見る

松屋銀座で「ライフ イン フィンランド」−ショコラ フィンランド&コーヒー

写真を拡大

フィンランドの人気キャラクター、ムーミンをデザインした冬限定「ムーミンウインターコーヒー」(ロバーツコーヒー)

 松屋銀座は11月29日(水)、フィンランド独立100周年(=12月6日)を記念した「ライフ イン フィンランド(LIFE IN FINLAND)」を全館挙げて始めた。同店の今年のクリスマス商戦は北欧、特にフィンランドをキーワードに展開する予定で、今回のイベントはその前哨戦。

【画像】「メルセデスショコラトリー」の松屋限定商品

 フィンランドグルメを展開する地下1階・地下2階の食品売り場では、日本ではなかなか目にすることができなかったフィンランドのチョコレート「メルセデスショコラトリー」「グーディオ」などが初登場するほか、コーヒー消費量世界一といわれるフィンランドを代表するコーヒーショップ「ロバーツコーヒー」、フィンランドの酒類、ワイルドクラフトといわれる野生のベリーのジュースなどを取りそろえる。

 地下1階「ギンザスイート」では「ショコラ フィンランド&コーヒー」と題し、フィンランドのチョコレートブランド4店と「ロバーツコーヒー」を紹介する。北欧では「船に乗ってでも買いに行く価値がある」といわれるフィンランド領オーランド島の「メルセデスショコラトリー」はベネズエラ産カカオを使い、バターやクリーム、蜂蜜やベリーなど、島の農産物や食材を組み合わせた個性豊かな味わいが特徴。クリスマスらしいツリー形や星形などのボンボンショコラを詰め合わせた「松屋限定クリスマスボックス」(4個入り=3,024円)やバータイプのチョコレート「コントラスト」(2,592円)、独立100周年を記念した「フィンランド100th」(2,160円)を販売する。

 ヘルシンキ発オーガニックローチョコレート専門ブランド「グーディオ」は、オーガニック素材にこだわった体に優しいチョコレートを、グラフィカルなパッケージで提供。店頭ではココナツフやシーソルト、リコリス&シーバックソンなどの「タブレット」(各種1枚1,404円)を販売する。

 ヘルシンキ・イッタラ村にあるハンドメードチョコレート工房「クルタスクラー」は、フィンランドのサンタクロースオフィシャルホームタウンロヴァニミエ市で公認の「サンタクロースバー」(378円)などを販売。フィンランド・タンベレに工房を構え、砂糖を使わず、ナッツフリー、グルテンフリーなどアレルギーフリーのヘルシーなチョコレートを展開する「ダンメンベルグチョコレート」は、リコリス(カンゾウ系ハーブ)に塩をまぶしてホワイトチョコに入れた、独立100周年を記念の「ヘルシンキ・ソルテッドリコリスチョコ」(864円)や、砂糖を使わず、乾燥ラズベリーをトッピングした「心配ないチョコレート(Worry Free Choco)」と呼ばれる「シュガーフリー・ラズベリーチョコ」(1,080円)などを販売する。

 「ロバーツコーヒー」は、自らの農園やコーヒー豆の取引所も持ち、豆のセレクトから焙煎(ばいせん)、抽出までを手掛け、フィンランド国内40店舗以上、世界中で100店舗ほどを展開し、日本では福岡に2店舗を展開する北欧最大のカフェチェーン。店頭では。やや深いりのブレンドで、バランスの取れた飲みやすい味わいが特徴の冬限定「ムーミンウインターコーヒー」(200グラム入り=2,036円)をはじめとする、ムーミンキャラクターの描かれたパッケージのフレーバーコーヒー「ムーミンコーヒーシリーズ」などを販売。

 ほかにも、「スタディン・パニモ」の「サウスパシフィックIPA」「サウスパシフィック・ラガー」や、クリスマスシーズンの限定「グッド・オールドタイム・クリスマスエール」(各330ミリリットル=648円)などのフィンランドクラフトビール、フィンランドでは「ロンケロ」の愛称で親しまれているカクテル「オリジナルロングドリンク」の「クランベリー」(330ミリリットル=291円)なども販売する

 イベント初日には1階正面口で10時より、「ロバーツコーヒー」のミニカップサービス(1杯)や、12月2日(土)には地下2階ライブキッチンでフィンランドの家庭料理「ヨウルキンク(クリスマスハム)」を作るデモンストレーション(15時〜、無料)を実施。12月6日(水)までの間、フェア対象売り場で3,000円以上の購入客を対象にフィンランドスイーツを進呈するクイズラリーも行う。

 会期は12月12日(火)まで。

「グーディオ」のタブレット各種(関連画像)「スタディン・パニモ」のクラフトビール(関連画像)松屋銀座

アーカイブ

大丸東京店で「土用の丑の日」商戦−定番から進化系まで40種超

大丸東京店で「土用の丑の日」商戦−定番から進化系まで40種超 今年の「土用の丑(うし」の日」(7月20日)に向け、大丸東京店地下1階食品ほっぺタウンで現在、バラエティー豊かなウナギフ…

池袋東武、土用の丑の日商戦−ウナギモチーフの卵焼き、パンなど

池袋東武、土用の丑の日商戦−ウナギモチーフの卵焼き、パンなど 7 月20 日(金)の「土用の丑(うし)の日」に合わせ、東武百貨店池袋本店は同19 日(木)〜21日(土)、うなぎの蒲焼…

松屋銀座で「フィールハワイ イン ギンザ」−ロコモコ、松屋限定グルメバーガーなど

松屋銀座で「フィールハワイ イン ギンザ」−ロコモコ、松屋限定グルメバーガーなど 松屋銀座は7月11日(水)より、8階イベントスクエアと1階スペース・オブ・ギンザをメイン会場に、ハワイアンフードやファッ…

阪神梅田本店で「土用の丑」商戦−うなぎかば焼きに加え牛肉フードも

阪神梅田本店で「土用の丑」商戦−うなぎかば焼きに加え牛肉フードも 今年は「一の丑」(7月20日)、「二の丑」(8月1日)と2回ある「土用の丑(うし)の日」に向け、阪神梅田本店地下1階「阪…

西武池袋本店で「真夏のスイーツフェス」−金魚・風鈴・花火など表現

西武池袋本店で「真夏のスイーツフェス」−金魚・風鈴・花火など表現 全館挙げて「IKESEI 夏まつり」を開催している西武池袋本店地下1階和洋菓子で7月7日(土)、「真夏のスイーツフェステ…

シブヤ経済新聞

広域渋谷圏のビジネス&カルチャーニュース

最新ニュース

ヘッドラインニュース一覧

フォトフラッシュ

(左から)うなぎロリポップ、うなぎMIX、蒲焼きロリポップ

大丸東京店の「土用の丑の日」商戦。インパクトあるキャンディーは、左から「うなぎロリポップ」「うなぎMIX」「蒲焼きロリポップ」
[拡大写真] [関連記事]

フォトフラッシュ一覧

アンケート

各百貨店のオンラインショッピング、あなたは利用していますか?

アクセスランキング

  1. 大丸東京店で「土用の丑の日」商戦−定番から進化系…
  2. 西武池袋本店で「真夏のスイーツフェス」−金魚・風…
  3. 「アンリ・ルルー」大人のひんやりデザート3種、伊…
  4. 銀のぶどう「糖質とカロリーにこだわりました」シリ…
  5. 池袋東武、土用の丑の日商戦−ウナギモチーフの卵焼…
  6. 松屋銀座で「フィールハワイ イン ギンザ」−ロコ…
  7. 阪神梅田本店で「土用の丑」商戦−うなぎかば焼きに…
  8. 阪神梅田本店、デパ地下でタコ商戦−「半夏生」に向…
  9. 日本橋高島屋で「やまがた展」−パフェ、かき氷、サ…
  10. 夏の和菓子「水無月」、新宿小田急で4店舗が限定販…

アクセスランキング一覧

デパチカドットコムは以下でもチェック!