ヘッドラインニュース

三越伊勢丹プロデュース、アジア人のためのチョコレート「ナユタ チョコラタジア」日本で発売

(2017年12月04日)

この記事の場所を見る

三越伊勢丹プロデュース、アジア人のためのチョコレート「ナユタ チョコラタジア」日本で発売

写真を拡大

リセッタ シアーズさんによるプラナカンベースのパッケージが美しい「ナユタ チョコラタジア」(画像はボンボンショコラのパッケージ)

 三越伊勢丹がプロデュースするアジア発アジア人のための高品質チョコレートブランド「ナユタ チョコラタジア(NAYUTA CHOCOLATASIA)」が、来年1月22日(月)より新宿NSビル地階で行われる「サロン・デュ・ショコラ 2018」に日本初登場する。同イベントを皮切りに、三越伊勢丹でのバレンタインイベントに限定出店も行う予定。今年10月には、マレーシア・クアラルンプールの「イセタン ザ ジャパン ストア クアラルンプール(ISETAN The Japan Store Kuala Lumpur)」内に1号店を出店している。

【画像】ボンボンショコラ各種

 「ナユタ チョコラタジア」は、アジアで生産された高品質かつ産地・作り手の確かなカカオ豆を使い、日本のショコラティエの技術で、日本人を含むアジア人の嗜好(しこう)に合わせて商品開発したチョコレートブランド。現地の大手チョコレートメーカーがマレーシア内に日本水準の工房を取り入れ、ブランド専用工房でカカオ豆からタブレットチョコレート、さらにはボンボンショコラのガナッシュまでを一貫して製造する「ビーン トゥ バー トゥ ボンボン(bean to bar to bonbon)」を行う(原料の一部は含まず)。ブランド名「ナユタ(NAYUTA)」はサンスクリット語で「無限(極めて大きな数量)」を意味し、日本語では10の60乗の数の単位「那由多」にちなみ、「アジアの無限の可能性」を表す。「チョコラタジア(CHOCOLATASIA)」は、チョコレートとアジアの造語。

 ブランド立ち上げのきっかけについて、同ブランドを手掛ける三越伊勢丹海外事業本部の上野奈央さんは「新宿店の洋菓子バイヤーとして、また長年サロン・デュ・ショコラの開催に携わってきた中で感じるのは、カカオの産地と製造場所、さらに消費地が大きく離れ、チョコレートはフードマイレージが非常に大きい商品だという点」と話す。その後ベトナムに居住したことで、「カカオベルト」(赤道南北20度以内)に位置するアセアン(ASEAN)でも「低品質・低価格・低イメージ」だったアジアのカカオが近年、「農家・農園・団体単位で、少量ながらも高品質なカカオを生産していることを知った。このアジアの高品質カカオを使うことで、カカオの栽培から消費までをアジア圏で完結できれば、アジアの『地産地消』のチョコレートを作ることができるのではないかと思っていた」と振り返る。

 ブランド立ち上げのもう一つの要因として挙げるのが「アジア人の嗜好に合う味」。「ビターチョコレートやハイカカオチョコレートなど『頭で味わう』のではなく、ミルキーな味わい、なめらかな口どけ、柔らかな甘さ、キャラメル感の強さなど、単純に『食べておいしい』と感じられるチョコレートが、実はアジアの多くの人が求めている味ではないかと思い、周囲にリサーチしたところ手応えがあり、需要の高さを感じた」と話す上野さん。

 同ブランドの商品開発・技術指導・人材育成に携わるのは、「パレ ド オール」グランシェフの三枝俊介さん。良質なカカオ豆の調達を手掛けるのはカカオ専門商社の立花商店。アセアンでカカオ生産に取り組む生産者を見つけ出し開発に取り組む。クアラルンプール在住のオランダ人デザイナー、リセッタ シアーズさんがプラナカンをベースに、東洋と西洋をミックスした彩り豊かなパッケージデザインを手掛けるなど、全てを日本とマレーシアのチーム体制で取り組む。

 同ブランドを打ち出すことでフードマイレージを削減し、地産地消のチョコレートを提供することでアジアのカカオやチョコレートの可能性を周知し、国際的認知度の向上とイメージアップへの貢献を目指すという。

 日本で展開する商品は、タブレット16種類、ボンボンショコラ8種類、カジュアルチョコレート4種類の3アイテム。タブレットは、マレーシア・フィリピン・ベトナム・インドネシアのカカオをメインに使い、それぞれの特徴が色濃く反映された味わいに仕立てている。「72%Bitter」「51%Milk」に加え、よりミルキーな味わいを意識した「40%Milk+」、さらにマンゴー、ココナツ、カシューナッツなどを展開する。

 ボンボンショコラは、ココナツやマンゴーなどアジアをイメージさせるトロピカルフルーツを使ったショコラを展開。通常、高品質のチョコレートは15度〜18度で保管し、その温度帯で食べることが望ましいが、三枝シェフの新しい技術開発により、冷たい状態でも、すぐに口中で香りが広がり、口どけが楽しめるよう作り上げているという。「家庭の冷蔵庫で保管しやすい点は魅力」と上野さん。

 「おやつ感覚」で楽しめるカジュアルチョコレートはチョコレートで、アーモンドやカシューナッツ、ココナツ、パパイアをチョコレートでコーティングする。

タブレット各種(関連画像)タブレット用パッケージ(関連画像)カジュアルチョコレート(関連画像)ナユタ チョコラタジア(NAYUTA CHOCOLATASIA)サロン・デュ・ショコラ 日本公式サイト

アーカイブ

西武池袋本店で「京都名匠会」−老舗×人気店の新味、京都のパンなど

西武池袋本店で「京都名匠会」−老舗×人気店の新味、京都のパンなど 西武池袋本店本館7階催事場で10月18日(木)、京都のグルメと工芸品・雑貨を集めた「京都名匠会」が始まった。

大丸東京店、ハロウィーンランチを提案−神楽坂五十番「恐怖めだまん」など20種

大丸東京店、ハロウィーンランチを提案−神楽坂五十番「恐怖めだまん」など20種 10月31日「ハロウィーン」まであと10日余りと迫った現在、大丸東京店地下1階「お弁当ストリート」ではランチに向けたハロ…

松屋銀座・浅草のクリスマスケーキ−「フォレストファンタジー」をテーマに

松屋銀座・浅草のクリスマスケーキ−「フォレストファンタジー」をテーマに 現在、インターネットでクリスマスケーキの予約を受け付けている松屋銀座店は10月17日(水)より、地下1階各店頭と特設予約…

渋谷ヒカリエShinQsでXマスケーキ・オードブル予約受け付け−「お気に入りの色で」を提案

渋谷ヒカリエShinQsでXマスケーキ・オードブル予約受け付け−「お気に入りの色で」を提案 渋谷ヒカリエ ShinQsは現在、「2018年クリスマスケーキ・オードブル」の予約を地下2階各店頭・特設カウンター、電話…

西武池袋本店でハロウィーン商戦−米がテーマの弁当、ユニークなスイーツ70種も

西武池袋本店でハロウィーン商戦−米がテーマの弁当、ユニークなスイーツ70種も 西武池袋本店西武食品館地下1階で現在、今月31日の「ハロウィーン」に向けた限定商品が販売されている。

自由が丘経済新聞

広域自由が丘圏のビジネス&カルチャーニュース

最新ニュース

ヘッドラインニュース一覧

フォトフラッシュ

日替わり特別限定品

西武池袋本店「京都名匠会」。左上:シェ・ラメール「お菓子の木」、左下:朧八瑞雲堂「生銅鑼焼」、右上:シェ・アガタ「抹茶のテリーヌ」、右下:出町ふたば「名代豆餅」
[拡大写真] [関連記事]

フォトフラッシュ一覧

アンケート

各百貨店のオンラインショッピング、あなたは利用していますか?

アクセスランキング

  1. 松屋銀座・浅草のクリスマスケーキ−「フォレストフ…
  2. 大丸東京店、ハロウィーンランチを提案−神楽坂五十…
  3. 渋谷ヒカリエShinQsでXマスケーキ・オードブ…
  4. 京王新宿店で「パンフェス」、初の3週間開催−週替…
  5. 西武池袋本店でハロウィーン商戦−米がテーマの弁当…
  6. 日本橋高島屋デパ地下和洋菓子売り場がリニューアル
  7. 阪神梅田本店でコーヒーイベント「GOOD COF…
  8. 池袋東武「ナチュラル&オーガニックフェス」−イー…
  9. 池袋東武「秋の大北海道展」−道外初出店のアイスキ…
  10. 日本橋三越本店で「あんこ博覧会」−38店舗、10…

アクセスランキング一覧

デパチカドットコムは以下でもチェック!