ヘッドラインニュース

池袋東武「ショコラマルシェ」−タブレットチョコ約200種、新企画「カカオパーティ」も

(2018年02月01日)

この記事の場所を見る

池袋東武「ショコラマルシェ」−タブレットチョコ約200種、新企画「カカオパーティ」も

写真を拡大

タブレットチョコを特集した新スペース「CACAO PARTY(カカオパーティ)」

 東武百貨店池袋本店8階催事場で2月1日(木)より、バレンタインイベント「ショコラマルシェ」が開催される。

【画像】日本初上陸、ベルギー「フィリップ・シュロイエン」のボンボンショコラ

 昨年より売り場面積を約1.5倍に拡大、取り扱いブランドも10ブランド増やして行う同イベント。会場には、日本初出店「フィリップ・シュロイエン」など世界8カ国、29ブランドのチョコレートに加え、日本酒や抹茶の和素材を使ったチョコレートなど国内36ブランドを加えた全66ブランド(初出店は21ブランド)のチョコレートを取りそろえる。

 注目は、チョコレートの奥深さを楽しめる「タブレットチョコ」を特集した新スペース「CACAO PARTY(カカオパーティ)」。ワインやコーヒーのようにカカオ豆の品種や産地など「素材にこだわる」傾向が高まっていることから、原料や製法にこだわった「タブレットチョコ」に着目した東武初企画。売り場では、ガーナやエクアドルなど産地にこだわったタブレットチョコをブランドごとに展開する。

 同スペースについて「見た目にも楽しく、選ぶ楽しさを表現するタブレッチョコを集積した売り場を池袋本店で展開したいと企画した」と話す同社食品部販売推進課の小林光さんは、「チョコレート約200種類といっても、ブランドごとに製法の違いがあり、さらにカカオの産地やフレーバーが加わり、味の種類は無限大。価格帯は200円〜5,000円と幅広く取りそろえている」と話す。

 リトアニア・シャウレイの老舗「ルタ」は、ラベンダーをちりばめ、ホワイトチョコでハートを表現するなど、見た目にも鮮やかな「デコレーションタブレット」(100グラム=843円)を販売。ドイツ・ボン「コップナー」はマダガスカルやガーナ、エクアドル、ドミニカと4カ国のカカオを使い、苦味や渋味酸味など、産地ごとのカカオの味を楽しむことができる「Bean-to-bar ミニタブレット」(25グラム=476円)を、2013年のベルギーベストショコラティエに選ばれたデビッド・マンハウントさんのブランド「ショコラティエ・M」は、しっかりとしたカカオの風味が感じられる「ダークチョコレート 70%カカオ」(85グラム=1,296円)を、スウェーデン「マルメ・ショコラファブリック」は、11月〜12月に収穫されたエクアドル産カカオ豆だけを使い、135度80分間ローストしたカカオ豆をコンチェという機械で20〜24時間練り上げた「エクアドル 68%カカオ」(80グラム=1,404円)を、それぞれ販売するなど、ヨーロッパからのブランドを中心に約15ブランド、約200種類を展開する。

 海外のショコラティエブランドでは、29ブランドのうち、今年東武初登場は11ブランド。日本初上陸となる「フィリップ・シュロイエン」は、濃厚なカカオに甘い果実やバニラ、クリームを組み合わせたボンボンショコラ9種類から好みの6種類を詰め合わせ、自分だけのショコラセットを作ることができる「ベルギー プラリネ チョコレート」(6粒入り=2,268円)を販売。

 2008年フランスの「最高のショコラティエ12人倶楽部」のメンバーに選ばれた、ユベール・マッスさんが手掛ける「ル・カカオティエ」は東武初登場しカカオの風味と豊かに香るフレーバーが魅力の「サンクセレクションA」(5個入り=1,728円)を販売。フランス人ショコラティエール、アンヌ-フランソワーズ・ブノワさんのブランド「ブノワ・ショコラ」も東武初登場し、キャラメリゼアーモンドを薄く焼き、チョコでコーティングした、オレンジの三角パッケージ入りのスペシャリテ「キャラモンド」(2,700円)を販売する。

 そのほか、チョコレートを、カカオ豆から製造する工場を持つ吉祥寺のショコラトリー「プレスキルショコラトリー」が東武初登場。現存する日本最古のワイナリー「まるき葡萄酒」のワインを使った「ボンボンショコラ ラフィーユ」(8個入り=2,484円)を販売。イベント初登場となる神楽坂の和カフェ「神楽坂茶寮」はイチゴやユズ、抹茶、日本酒、きな粉を使った石畳風チョコを、「ショコラティエ パレ ド オール」は「獺祭磨き二割三分」を使ったビター&ミルクのチョコレートを販売。

 会場のイートインでは、イベント初登場「エスプリ・ドゥ・パリ」のホットチョコレートドリンクをはじめ、イタリア「シルヴィオ・ベッソーネ」のソフトジェラート、「宇治園」の抹茶やほうじ茶を使ったソフトクリームなどがお目見えする。

 会期は2月14日(水)まで(最終日は19時閉場)。

東武初登場、吉祥寺「プレスキルショコラトリー」のワインを使った大人チョコ(関連画像)イタリア「シルヴィオ・ベッソーネ」の会場で楽しめるスイーツ(関連画像)東武百貨店池袋店

アーカイブ

阪神梅田本店、第一期棟オープン−食強化、目玉の「パンワールド」、「スナックパーク」復活

阪神梅田本店、第一期棟オープン−食強化、目玉の「パンワールド」、「スナックパーク」復活 2021年秋のグランドオープンを目指し、二期に分け建て替え工事を進める阪神梅田本店が6月1日(金)、第一期棟を先行オープ…

池袋東武「大感謝祭」−ゴロゴロスイーツ、560円&1,080円弁当など限定品続々

池袋東武「大感謝祭」−ゴロゴロスイーツ、560円&1,080円弁当など限定品続々 東武百貨店池袋本店は5月29日(火)の創業日に合わせ、同24日(木)より全館挙げて「大感謝祭」を開催し、地下1階・地下2…

日本橋高島屋「大九州展」−黒豚・佐賀牛・宮崎牛・馬刺しなど「肉」特集

日本橋高島屋「大九州展」−黒豚・佐賀牛・宮崎牛・馬刺しなど「肉」特集 日本橋高島屋8階催会場で5月23日(水)、九州8県の特産品やご当地グルメを集めた「大九州展」が始まった。これに合わせ、地…

伊勢丹新宿店で、パンの祭典「イセパン!」−規模を拡充、約50店出店

伊勢丹新宿店で、パンの祭典「イセパン!」−規模を拡充、約50店出店 伊勢丹新宿店本館6階催物場で5月23日(水)より、パン好きのためのパンの祭典「イセパン!(ISEPAN!)」が開催される。

新宿小田急デパ地下で「パンヴィレッジ」−小田急限定パン、ブルーベリーブレッドなど

新宿小田急デパ地下で「パンヴィレッジ」−小田急限定パン、ブルーベリーブレッドなど 小田急百貨店新宿店本館地下2階食品売り場イベントコーナーとシーズンスイーツで5月23日(水)より、注目のパンを集めたパン…

自由が丘経済新聞

広域自由が丘圏のビジネス&カルチャーニュース

最新ニュース

ヘッドラインニュース一覧

フォトフラッシュ

「パンワールド」「リカーワールド」にラインアップするパンやワイン

阪神梅田本店建て替え第一期棟オープン。「パンワールド」「リカーワールド」にラインアップするパンやワイン
[拡大写真] [関連記事]

フォトフラッシュ一覧

アンケート

各百貨店のオンラインショッピング、あなたは利用していますか?

アクセスランキング

  1. 伊勢丹新宿店で、パンの祭典「イセパン!」−規模を…
  2. 池袋東武「大感謝祭」−ゴロゴロスイーツ、560円…
  3. 東急東横店で「渋谷パンマルシェ」−とびばこパン、…
  4. 大丸東京店で初の「地中海の美食&ワインフェア」−…
  5. 日本橋高島屋「大九州展」−黒豚・佐賀牛・宮崎牛・…
  6. 新宿小田急デパ地下で「パンヴィレッジ」−小田急限…
  7. 松坂屋上野店で「食品もったいないセール」−真夏日…
  8. 西武池袋本店デパ地下に抹茶スイーツ、全111種販…
  9. 「とらや」が夏季限定商品−国産果実の「夏羹」、夏…
  10. 日本橋高島屋で「やまがた展」−パフェ、かき氷、サ…

アクセスランキング一覧

デパチカドットコムは以下でもチェック!