ヘッドラインニュース

池袋東武「ショコラマルシェ」−タブレットチョコ約200種、新企画「カカオパーティ」も

(2018年02月01日)

この記事の場所を見る

池袋東武「ショコラマルシェ」−タブレットチョコ約200種、新企画「カカオパーティ」も

写真を拡大

タブレットチョコを特集した新スペース「CACAO PARTY(カカオパーティ)」

 東武百貨店池袋本店8階催事場で2月1日(木)より、バレンタインイベント「ショコラマルシェ」が開催される。

【画像】日本初上陸、ベルギー「フィリップ・シュロイエン」のボンボンショコラ

 昨年より売り場面積を約1.5倍に拡大、取り扱いブランドも10ブランド増やして行う同イベント。会場には、日本初出店「フィリップ・シュロイエン」など世界8カ国、29ブランドのチョコレートに加え、日本酒や抹茶の和素材を使ったチョコレートなど国内36ブランドを加えた全66ブランド(初出店は21ブランド)のチョコレートを取りそろえる。

 注目は、チョコレートの奥深さを楽しめる「タブレットチョコ」を特集した新スペース「CACAO PARTY(カカオパーティ)」。ワインやコーヒーのようにカカオ豆の品種や産地など「素材にこだわる」傾向が高まっていることから、原料や製法にこだわった「タブレットチョコ」に着目した東武初企画。売り場では、ガーナやエクアドルなど産地にこだわったタブレットチョコをブランドごとに展開する。

 同スペースについて「見た目にも楽しく、選ぶ楽しさを表現するタブレッチョコを集積した売り場を池袋本店で展開したいと企画した」と話す同社食品部販売推進課の小林光さんは、「チョコレート約200種類といっても、ブランドごとに製法の違いがあり、さらにカカオの産地やフレーバーが加わり、味の種類は無限大。価格帯は200円〜5,000円と幅広く取りそろえている」と話す。

 リトアニア・シャウレイの老舗「ルタ」は、ラベンダーをちりばめ、ホワイトチョコでハートを表現するなど、見た目にも鮮やかな「デコレーションタブレット」(100グラム=843円)を販売。ドイツ・ボン「コップナー」はマダガスカルやガーナ、エクアドル、ドミニカと4カ国のカカオを使い、苦味や渋味酸味など、産地ごとのカカオの味を楽しむことができる「Bean-to-bar ミニタブレット」(25グラム=476円)を、2013年のベルギーベストショコラティエに選ばれたデビッド・マンハウントさんのブランド「ショコラティエ・M」は、しっかりとしたカカオの風味が感じられる「ダークチョコレート 70%カカオ」(85グラム=1,296円)を、スウェーデン「マルメ・ショコラファブリック」は、11月〜12月に収穫されたエクアドル産カカオ豆だけを使い、135度80分間ローストしたカカオ豆をコンチェという機械で20〜24時間練り上げた「エクアドル 68%カカオ」(80グラム=1,404円)を、それぞれ販売するなど、ヨーロッパからのブランドを中心に約15ブランド、約200種類を展開する。

 海外のショコラティエブランドでは、29ブランドのうち、今年東武初登場は11ブランド。日本初上陸となる「フィリップ・シュロイエン」は、濃厚なカカオに甘い果実やバニラ、クリームを組み合わせたボンボンショコラ9種類から好みの6種類を詰め合わせ、自分だけのショコラセットを作ることができる「ベルギー プラリネ チョコレート」(6粒入り=2,268円)を販売。

 2008年フランスの「最高のショコラティエ12人倶楽部」のメンバーに選ばれた、ユベール・マッスさんが手掛ける「ル・カカオティエ」は東武初登場しカカオの風味と豊かに香るフレーバーが魅力の「サンクセレクションA」(5個入り=1,728円)を販売。フランス人ショコラティエール、アンヌ-フランソワーズ・ブノワさんのブランド「ブノワ・ショコラ」も東武初登場し、キャラメリゼアーモンドを薄く焼き、チョコでコーティングした、オレンジの三角パッケージ入りのスペシャリテ「キャラモンド」(2,700円)を販売する。

 そのほか、チョコレートを、カカオ豆から製造する工場を持つ吉祥寺のショコラトリー「プレスキルショコラトリー」が東武初登場。現存する日本最古のワイナリー「まるき葡萄酒」のワインを使った「ボンボンショコラ ラフィーユ」(8個入り=2,484円)を販売。イベント初登場となる神楽坂の和カフェ「神楽坂茶寮」はイチゴやユズ、抹茶、日本酒、きな粉を使った石畳風チョコを、「ショコラティエ パレ ド オール」は「獺祭磨き二割三分」を使ったビター&ミルクのチョコレートを販売。

 会場のイートインでは、イベント初登場「エスプリ・ドゥ・パリ」のホットチョコレートドリンクをはじめ、イタリア「シルヴィオ・ベッソーネ」のソフトジェラート、「宇治園」の抹茶やほうじ茶を使ったソフトクリームなどがお目見えする。

 会期は2月14日(水)まで(最終日は19時閉場)。

東武初登場、吉祥寺「プレスキルショコラトリー」のワインを使った大人チョコ(関連画像)イタリア「シルヴィオ・ベッソーネ」の会場で楽しめるスイーツ(関連画像)東武百貨店池袋店

アーカイブ

西武池袋本店で「京都名匠会」−老舗×人気店の新味、京都のパンなど

西武池袋本店で「京都名匠会」−老舗×人気店の新味、京都のパンなど 西武池袋本店本館7階催事場で10月18日(木)、京都のグルメと工芸品・雑貨を集めた「京都名匠会」が始まった。

大丸東京店、ハロウィーンランチを提案−神楽坂五十番「恐怖めだまん」など20種

大丸東京店、ハロウィーンランチを提案−神楽坂五十番「恐怖めだまん」など20種 10月31日「ハロウィーン」まであと10日余りと迫った現在、大丸東京店地下1階「お弁当ストリート」ではランチに向けたハロ…

松屋銀座・浅草のクリスマスケーキ−「フォレストファンタジー」をテーマに

松屋銀座・浅草のクリスマスケーキ−「フォレストファンタジー」をテーマに 現在、インターネットでクリスマスケーキの予約を受け付けている松屋銀座店は10月17日(水)より、地下1階各店頭と特設予約…

渋谷ヒカリエShinQsでXマスケーキ・オードブル予約受け付け−「お気に入りの色で」を提案

渋谷ヒカリエShinQsでXマスケーキ・オードブル予約受け付け−「お気に入りの色で」を提案 渋谷ヒカリエ ShinQsは現在、「2018年クリスマスケーキ・オードブル」の予約を地下2階各店頭・特設カウンター、電話…

西武池袋本店でハロウィーン商戦−米がテーマの弁当、ユニークなスイーツ70種も

西武池袋本店でハロウィーン商戦−米がテーマの弁当、ユニークなスイーツ70種も 西武池袋本店西武食品館地下1階で現在、今月31日の「ハロウィーン」に向けた限定商品が販売されている。

自由が丘経済新聞

広域自由が丘圏のビジネス&カルチャーニュース

最新ニュース

ヘッドラインニュース一覧

フォトフラッシュ

日替わり特別限定品

西武池袋本店「京都名匠会」。左上:シェ・ラメール「お菓子の木」、左下:朧八瑞雲堂「生銅鑼焼」、右上:シェ・アガタ「抹茶のテリーヌ」、右下:出町ふたば「名代豆餅」
[拡大写真] [関連記事]

フォトフラッシュ一覧

アンケート

各百貨店のオンラインショッピング、あなたは利用していますか?

アクセスランキング

  1. 松屋銀座・浅草のクリスマスケーキ−「フォレストフ…
  2. 大丸東京店、ハロウィーンランチを提案−神楽坂五十…
  3. 渋谷ヒカリエShinQsでXマスケーキ・オードブ…
  4. 京王新宿店で「パンフェス」、初の3週間開催−週替…
  5. 西武池袋本店でハロウィーン商戦−米がテーマの弁当…
  6. 日本橋高島屋デパ地下和洋菓子売り場がリニューアル
  7. 阪神梅田本店でコーヒーイベント「GOOD COF…
  8. 池袋東武「秋の大北海道展」−道外初出店のアイスキ…
  9. 池袋東武「ナチュラル&オーガニックフェス」−イー…
  10. 西武池袋本店で「京都名匠会」−老舗×人気店の新味…

アクセスランキング一覧

デパチカドットコムは以下でもチェック!