ヘッドラインニュース

松屋、平成最後のおせち−世代やニーズに合わせた「プレミアム」おせち

(2018年10月02日)

この記事の場所を見る

松屋、平成最後のおせち−世代やニーズに合わせた「プレミアム」おせち

写真を拡大

「ザ・ペニンシュラ東京」の越前塗りのオリジナル重箱入り、松屋限定「和洋中三段重プレミアム」

 松屋銀座店・浅草店は10月1日(月)10時、「平成31年 松屋のおせち」の予約をインターネットで始める。店頭での予約開始は、銀座店=同17日(水)、浅草店は同10日(水)。

【画像】「石井食品」のからだにやさしいおせち

 核家族や高齢化、女性の社会進出、多様化する年末年始の過ごし方などを背景に、30〜40代の若い世代を中心に「作るもの」から「買うもの」へとシフトしつつ、年々需要が高まるおせち。同社では、ホテルや有名レストランのフレンチやイタリアンといった洋風おせちを10年ほど前から提案。若い世代には伝統的な従来の和風おせちよりもニーズが高く、現在ではおせち全体の3分の1のシェアを占め、この10年で売り上げが1.5倍に拡大したという。さらに、迎春商品もおせちと合わせての購入客が年々増え、食品部の嶋田隆司課長は「ローストビーフやすき焼きなどの肉料理、かにしゃぶセット、雑煮などが人気」といい、「パックや冷凍など全国に贈れるおせちは冷凍技術が高まり、例年の伸び率は2倍に高まっている」と話す。今後もおせち・迎春商品の需要はますます伸びると見ている。

 今回が平成最後の正月となり、また最大で12月29日(土)〜2019年1月6日(日)の9連休の正月休みになることから、おせちのテーマは「プレミアム」。老舗料亭やホテルの豪華なおせちをはじめ、細分化・多様化するニーズに応えるおせち、独自企画となる「おせちで平成の時代を振り返る」世代別おせちなどを提案。松屋限定26点を含め、カタログでは約200点、インターネットでは約220点を取りそろえる。価格帯は1万800円〜21万6,000円。中心価格は2万7,000円。鍋や迎春料理、オードブルなどもそろえ、売り上げ目標は前年比5%増を目指す。

 ニーズに応えるおせちでは、アレルギー対応・塩分不使用・発酵など高齢者や健康に配慮した体にやさしいおせちを打ち出すほか、重箱デザインに人気キャラクターを使うなど子ども向けキャラクターおせちを、帰省時や来客のもてなしに対応する一人一折りの銘々膳に仕立てた個食タイプのおせちなどを打ち出す。

 高齢者や健康志向のおせちでは、初登場「石井食品」の、和食特有のうま味成分で工夫し調理した「食塩不使用のおせち 千鶴(ちづる)」(約2〜3人前=6,480円)や、特定原材料7品目(卵・乳・小麦・エビ・カニ・そば・落花生)を使わない「食物アレルギー配慮おせち のぞみ」(約2〜3人前=1万5,660円)を展開する。

 ファミリー向けは、今回同社では初めてキャラクターおせちを取り扱う。「紀文」がハローキティをデザインした重箱に、キティの練りきりや厚焼き卵などを盛り込んだ「はろうきてぃのおせち詰め合わせ」(約2〜3人前=1万800円)をはじめ、ディズニーやワンピースを描いたおせちも展開。

 平成を振り返る年代別おせちは、「バブル世代」(1958〜68年生まれ)、「アムラー世代」(現在41歳前後の女性)、「ミニマム世代」(1980〜88年生まれ)、「ゆとり世代」(1987〜2004年)の4つに分類し、それぞれの世代に添ったおせちを打ち出す。

 華やかな時代を知る「バブル世代」には、「ザ・ペニンシュラ東京」のツバメの巣や吉浜産干しアワビ、A5ランクの黒毛和牛など高級食材を使い、和洋中のシェフによる料理を越前塗のオリジナル重箱に詰め合わせた松屋限定「和洋中三段重プレミアム」(約4人前=16万2,000円、限定10点)や、入店時に暗証番号が必要な「西麻布 霞町三〇一ノ一」の松屋限定「白木縁高詰一段重」(約2〜4人前=3万5,100円)など、ホテルや隠れ家のおせちなどを展開する。

 食に強いこだわりを持つ、安室奈美恵さんに憧れたアラフォーの女性の「アムラー世代」には、仏ニースに本店を構え、外国人最年少で仏版ミシュランの星を10年連続で獲得する「ケイスケマツシマ」の松屋限定「フレンチおせち 二段重」(約3〜4人前=3万2,400円、限定30点)など、ワインと共に楽しめるフレンチやイタリアンを詰めたおせちを展開。

 消費より貯蓄派で簡素化・効率化志向の「ミニマム世代」には、「マツヤサロン」のコンパクトな中に、素材のおいしさを引き出し華やかに仕立てた和風・洋風を詰め合わせた松屋限定「和洋二段重」(約1〜2人前=1万6,000円、限定160点)など、「必要最低限の量」「年末から食べられる」「少量でもいろいろな味が楽しめる」内容を展開する。

 おせちへの関心が薄い、デジタルネーティブの「ゆとり世代」には、虎ノ門「ル・プティ・トノー」のフィリップ・バットンシェフが手掛ける彩り豊かな料理を詰め合わせた松屋限定「フレンチおせち一段重」(約2〜3人前=1万9,499円、限定30点)や、恵比寿「賛否両論」のかつおだしのブレンドに、しっとりとした口当たりの鶏団子を合わせた松屋限定「笠原将弘氏特製お雑煮セット」(4袋入り=4,860円)などを展開する。

 おせちの予約はネット・店頭共に12月25日(火)まで。

「ケイスケマツシマ」のフレンチをベースにした松屋限定おせち(関連画像)「マツヤサロン」の和風・洋風をコンパクトに詰め合わせた限定おせち(関連画像)恵比寿「賛否両論」の松屋限定迎春商品(関連画像)松屋〜松屋のおせち

アーカイブ

西武池袋本店で「京都名匠会」−老舗×人気店の新味、京都のパンなど

西武池袋本店で「京都名匠会」−老舗×人気店の新味、京都のパンなど 西武池袋本店本館7階催事場で10月18日(木)、京都のグルメと工芸品・雑貨を集めた「京都名匠会」が始まった。

大丸東京店、ハロウィーンランチを提案−神楽坂五十番「恐怖めだまん」など20種

大丸東京店、ハロウィーンランチを提案−神楽坂五十番「恐怖めだまん」など20種 10月31日「ハロウィーン」まであと10日余りと迫った現在、大丸東京店地下1階「お弁当ストリート」ではランチに向けたハロウィー…

松屋銀座・浅草のクリスマスケーキ−「フォレストファンタジー」をテーマに

松屋銀座・浅草のクリスマスケーキ−「フォレストファンタジー」をテーマに 現在、インターネットでクリスマスケーキの予約を受け付けている松屋銀座店は10月17日(水)より、地下1階各店頭と特設予約カウン…

渋谷ヒカリエShinQsでXマスケーキ・オードブル予約受け付け−「お気に入りの色で」を提案

渋谷ヒカリエShinQsでXマスケーキ・オードブル予約受け付け−「お気に入りの色で」を提案 渋谷ヒカリエ ShinQsは現在、「2018年クリスマスケーキ・オードブル」の予約を地下2階各店頭・特設カウンター、電話、イン…

西武池袋本店でハロウィーン商戦−米がテーマの弁当、ユニークなスイーツ70種も

西武池袋本店でハロウィーン商戦−米がテーマの弁当、ユニークなスイーツ70種も 西武池袋本店西武食品館地下1階で現在、今月31日の「ハロウィーン」に向けた限定商品が販売されている。

シブヤ経済新聞

広域渋谷圏のビジネス&カルチャーニュース

最新ニュース

ヘッドラインニュース一覧

フォトフラッシュ

日替わり特別限定品

西武池袋本店「京都名匠会」。左上:シェ・ラメール「お菓子の木」、左下:朧八瑞雲堂「生銅鑼焼」、右上:シェ・アガタ「抹茶のテリーヌ」、右下:出町ふたば「名代豆餅」
[拡大写真] [関連記事]

フォトフラッシュ一覧

アンケート

各百貨店のオンラインショッピング、あなたは利用していますか?

アクセスランキング

  1. 松屋銀座・浅草のクリスマスケーキ−「フォレストフ…
  2. 大丸東京店、ハロウィーンランチを提案−神楽坂五十…
  3. 渋谷ヒカリエShinQsでXマスケーキ・オードブ…
  4. 京王新宿店で「パンフェス」、初の3週間開催−週替…
  5. 西武池袋本店でハロウィーン商戦−米がテーマの弁当…
  6. 日本橋高島屋デパ地下和洋菓子売り場がリニューアル
  7. 阪神梅田本店でコーヒーイベント「GOOD COF…
  8. 池袋東武「ナチュラル&オーガニックフェス」−イー…
  9. 池袋東武「秋の大北海道展」−道外初出店のアイスキ…
  10. 日本橋三越本店で「あんこ博覧会」−38店舗、10…

アクセスランキング一覧

デパチカドットコムは以下でもチェック!