ヘッドラインニュース

チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」−会場でしか食べられないショコラメニュー強化

(2018年11月22日)

この記事の場所を見る

チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」−会場でしか食べられないショコラメニュー強化

写真を拡大

「ほれ込んだ素材」「フルーツ」「発酵」をキーワードにした各セレクションボックス(左:「HAKKO(発酵)、上:「Natue(ナチュール)」、右:「Fruit(フルーツ)」)

 三越伊勢丹が11月14日(水)、来年開催する「〜パリ発、チョコレートの祭典〜サロン・デュ・ショコラ2019」の概要を発表した。

【画像】初登場ブランド、スイス「MR&MRS RENOU(ミスター アンド ミセス ルヌー)」

 会期は2019年1月23日(水)〜29日(火)(各日10時〜20時)の7日間で、会場は昨年と同じ新宿NSビル地階イベントホールで行う。

 17回目となる今回は「ショコラは自然の贈りもの Tous les gouts sont dans la Nature!」をテーマに、18カ国、約112ブランドが集結する。新たに参加するブランドは、2015年にMOFを取得した仏人パティシエ、クリストフ・ルヌーさんが妻と共に手掛けるスイス・ジュネーブの「MR&MRS RENOU(ミスター アンド ミセス ルヌー)」をはじめ、鮮やかでアート性の高い重量感のあるキューブ型ショコラと中身が見えるパッケージングで昨年銀座三越に日本初上陸し話題を呼んだ、ジャン=ピエール・ロドリゲスさんが手掛ける仏パリの「Choco2(ショコ・オ・キャレ)」、フランススタイルを保ちつつ、イスラエルの食材を使ったショコラティエ、イカ・コーエンさんが手掛けるイスラエル・テルアビブの「IKA CHOCOLATE(イカ チョコレート)」など20ブランド。さらに、2004年にMOFを取得し、2011年に出店していたフランス人パティシエ、フランク・フレッソンさんが手掛ける「フランク フレッソン」など8ブランドが再登場する。

 日本限定で展開する恒例の「セレクションボックス」は今回も、実力・人気共に一流のシェフの競演による3種類が登場。美しい透かし柄のボックスに入った「Nature(ナチュール)」(16個入り=8,964円)は、サロン・デュ・ショコラを代表する16人のシェフらが「ほれ込んだ素材」をキーワードに、素材の力と、それを高める表現や技術力など「作り手の魅力が光る」ショコラの詰め合わせ。パリ本会場の主催者、フランソワ・ジャンテさんがデザインした、太陽とフルーツ、ショコラが描かれた色鮮やかなボックス「Fruit(フルーツ)」(12個入り=6,912円)は、「フルーツ」をキーワードに、さまざまなフルーツとカカオ、ショコラの相性が楽しめる12人のシェフによるショコラを詰め合わせる。カカオをデザインしたショコラ色のボックスに入った「HAKKOU(発酵)」(8個入り=4,320円)は、「発酵」をキーワードに発酵の奥深い味わいを感じることができる8人のシェフによるショコラの詰め合わせ。会場では人気ショコラティエらによる新作ショコラのほか、新しい取り組みとして「カンタン・バイィ」「ニコラ・ベルナルデ」などショコラを使ったケーキも展開する。

 もう一つの見どころとして、会場でしか食べられないショコラメニューを強化。「ナオミミズノ」のアシェットデセール(皿盛りデザート)や「ビストロマルクス」のパフェ、「モリ ヨシダ×コンパルティール ヴァロール」のコラボスイーツ、「ラ・メゾン・ジュヴォー」のショコラショー飲み比べセット、「アルノー・ラエール」の焼きたてクレープなど、前回の約2倍となる35ブランド、60種類以上のテークアウト商品やイートイン商品を提供する予定だ。

 サロン・デュ・ショコラの真野重雄バイヤーは「甘いだけじゃないショコラの提案」として「料理とショコラの企画も用意する」と言い、デンマーク「ジョンズホットドッグデリ×フリスホルム」のショコラを使ったホットドッグのほか、「ペルーのカカオ農家に出向きカカオを輸入する料理人の太田哲雄さんが手掛ける、牛ほほ肉を赤ワインとカカオで煮込んだ肉料理やショコラと玉ネギのグラタンなど、『どんな味?』と思ってしまうような会場限定メニューも登場するので楽しんでほしい」と話す。

 待ち時間短縮や会場内の混雑緩和のため前回同様、今回も「入場チケット制(有料)」を導入する。デジタルチケットサービス「Yahoo!JAPANパスマーケット」で、希望日時を指定する時間帯別の入場チケットを販売。料金は600円(「サロン・デュ・ショコラ 2019」カタログ付き)で、1人各日5枚まで購入できる。支払いは今回からコンビニ決済も可能に(別途手数料、支払期限あり)。チケット販売期間は2019年1月6日(日)11時〜。今回は当日券(平日15時以降入場)も用意する。

 エムアイカード会員には開催直前の2019年1月22日(火)10時〜20時、会員対象の内覧日を設ける。この場合も時間帯別入場チケットが必要となり、同ネットで購入。料金は500円(同)で、1人5枚まで購入可能。12月1日(土)11時〜同16日(木)11時に受け付け、エムアイカードのクレジットカード決済のみで対応。内覧日当日はエムアイカードと入場チケットが必要となる。

 東京以外では、丸井今井札幌本店、名古屋栄三越、ジェイアール京都伊勢丹、岩田屋本店(各2019年1月30日〜2月14日)、仙台三越(同年2月1日〜14日)で開催する。入場チケット制は東京会場のみ。

初登場ブランド、フランス「Choco2(ショコ・オ・キャレ)」(関連画像)初登場ブランド、イスラエル「IKA CHOCOLATE(イカ チョコレート)」(関連画像)サロン・デュ・ショコラ 2019

アーカイブ

大丸東京店にクリスマス限定スイーツ−ノエルパレショコラ、ノエルマカロンなど続々

大丸東京店にクリスマス限定スイーツ−ノエルパレショコラ、ノエルマカロンなど続々 クリスマスまで10日余りとなった大丸東京店1階・地下1階食品売り場では現在、シーズンギフトや手土産、自分へのご褒美に向け…

松坂屋上野店で「和のクリスマス」−上生菓子、米菓などXマスバーションに

松坂屋上野店で「和のクリスマス」−上生菓子、米菓などXマスバーションに 松坂屋上野店本館1階「ほっぺタウン」和菓子売り場では現在、職人の技が生きる上生菓子やちょっとした手土産にも使えるかわいい…

パパブブレの正月商品−「イノシシ」ファミリー柄、鏡餅キャンディーなど

パパブブレの正月商品−「イノシシ」ファミリー柄、鏡餅キャンディーなど スペイン・バルセロナ発祥のアート・キャンディー・ショップ「パパブブレ(papabubble)」が12月21日(金)より、…

新宿小田急デパ地下に「干支パン」「干支スイーツ」

新宿小田急デパ地下に「干支パン」「干支スイーツ」 小田急百貨店新宿店本館地下2階和洋菓子売り場とハルク地下2階ハルクフードで現在、「小田急のお正月」特集として、来年の干支…

そごう横浜店で「パンフェス」−「銀座の食パン〜香〜」など100種、限定品続々

そごう横浜店で「パンフェス」−「銀座の食パン〜香〜」など100種、限定品続々 そごう横浜店9階市民フロアのセンタープラザで12月11日(火)、全国各地から人気・話題のパンを集めた「パンフェス」が始ま…

自由が丘経済新聞

広域自由が丘圏のビジネス&カルチャーニュース

最新ニュース

ヘッドラインニュース一覧

フォトフラッシュ

クリスマスボーロmix

大丸東京店のXマス限定スイーツ。さまざまな味わいの小さくてカラフルなマカロン生地とXマスモチーフを加えた「クリスマスボーロmix」は12月18日までの販売
[拡大写真] [関連記事]

フォトフラッシュ一覧

アンケート

各百貨店のオンラインショッピング、あなたは利用していますか?

アクセスランキング

  1. 大丸東京店にクリスマス限定スイーツ−ノエルパレシ…
  2. 松坂屋上野店で「和のクリスマス」−上生菓子、米菓…
  3. 西武池袋本店で「静岡ごちそうマルシェ」−紅ほっぺ…
  4. 新宿小田急デパ地下に「干支パン」「干支スイーツ」
  5. パパブブレの正月商品−「イノシシ」ファミリー柄、…
  6. 松坂屋上野店で「年末特別企画 北海道物産展」−利…
  7. 西武池袋本店、「AI(愛)」をテーマに「福袋大市…
  8. 日本橋高島屋デパ地下和洋菓子売り場がリニューアル
  9. そごう横浜店で「パンフェス」−「銀座の食パン〜香…
  10. 大丸東京店に新ウエハース専門店「ウエハースワンダ…

アクセスランキング一覧

デパチカドットコムは以下でもチェック!