ヘッドラインニュース

松屋、令和初&増税後初のおせち−華やか・お得感を強化し200点

(2019年09月13日)

この記事の場所を見る

松屋、令和初&増税後初のおせち−華やか・お得感を強化し200点

写真を拡大

36種類の料理を紅白のカップで詰め合わせた、初登場の「松屋オリジナル和洋オードブルおせち二段重」

 松屋銀座店・浅草店は、「令和2年 松屋のおせち」についての詳細を発表した。

【画像】銀座「オザミ デ ヴァン本店」の松屋限定おせち

 最大9連休となる年末年始に向け、今回「お得に華やかに、ご家庭で楽しんで」をテーマに197点(うち、インターネットは約180点)のおせちを取りそろえる。10月1日(火)10時からのインターネット予約受け付けを皮切りに、電話は同9日(水)、店頭は浅草店が同9日(水)、銀座店は同16日(水)より順次予約受け付けを開始。店頭での購入が多い松屋のおせちだが、年々インターネットでの予約が増えていることから、フェイスブックやインスタを活用し訴求効果を高める。

 松屋のおせちは、インターネットの受注や配送地域の拡大などに対応し、「特にここ数年は前年比110%と好調」(おせち担当の食品部鈴木章浩バイヤー)で、この10年で売り上げが1.5倍以上に伸長。10年前から力を入れている「洋のおせち」は銀座店・浅草店の地域性を生かした品ぞろえとオリジナリティーのある内容から全体の売り上げの3分の1を占めるまでになったという。

 令和初となる松屋のおせちでは、テーマに沿って「お得」「華やか」を強化。「お得感」では、10月1日(火)に始まる消費増税で外食が10%に上がる中、おせちはほとんどが軽減税率対象で8%課税であることから、今回初めて「松屋オリジナルおせち」を企画。ニーズが高まるカウントダウン用オードブルを意識し、36種の料理を紅白のカップで詰め合わせた「松屋リジナル和洋オードブルおせち二段重」(約5人前=2万4,840円)や、和風・洋風おせち料理48品を詰め合わせた「松屋オリジナル和洋三段重」(約4人前=2万1,600円)、定番の正月料理を詰め合わせた「松屋オリジナル和風二段重」(約3人前=1万6,200円)など、2段重で1万円台、3段重で2万円台と手頃な価格でボリューム感のある内容を打ち出す。「華やか」なおせちでは、得意とする「洋のおせち」として「レストラン・シェフのおせち」に注力。銀座の老舗や話題店など新規店を前年の3倍多く、20店舗を導入する。松屋限定おせちは24点。

 おせちの価格帯は22万円〜8,640円。中心価格帯は2万円〜3万円。今回のおせちの目標平均購入単価は2万7,000円。前年よりやや高めとなる点について、おせちを担当した鈴木バイヤーは「平素は節約しても、新春を飾る年に一度のおせちであれば購入いただける傾向にある」と強気を見せる。おせちプラスアルファとなる鍋や肉料理など15点をそろえた迎春商品は、カタログには掲載せず、別冊子で用意(ほぼ全商品8%の課税対象)。売り上げ目標は前年比110%を目指す。

 「松屋が得意」とする洋風おせちには、日本橋「ポンドール・イノ」が松屋150周年を記念し、初の試みとして4人分の食事券を付けた松屋限定「お食事券付きおせち三段重セット」(4〜5人前=16万2,000円)を販売するほか、神楽坂「アンジェラ」は定番からオリジナルまで、石川恵美子シェフによる全て手作りのイタリアンを詰め合わせた松屋限定「イタリアンおせち二段重」(約4〜5人前=3万7,800円)を、銀座「オザミ デ ヴァン本店」は毎年リピート注文で人気の松屋限定「特製おせち 和洋二段重」(約4人前=3万2,400円)などを販売。今回、銀座「三笠会館」がおせちに初登場し、「フレンチおせち 二段重」(3〜4人前=3万2,000円)を販売する。

 日比谷「ザ・ペニンシュラ東京」は越前塗のオリジナル重箱に、ホテルならではの高級食材を使った料理を詰め合わせた「和洋中三段重 プレミアム」(約4人前=16万5,000円、10%課税対象)や、「和洋中三段重」(約4人前=4万8,600円)を販売。

 和風おせちには、銀座・並木通り「Kuma3(クマサン)」が初登場し、懐石料理に肉料理加え、人気菓子「銀座くろまめへしれけーき」をセットにした「特製三段重」(4〜5人前=6万2,424円)を販売。

 名店同士のコラボレーションおせちでは、「割烹 智映(ちえ)」「morceau(モルソー)」「Chinese Dining 美虎(みゆ) 銀座」各店の女性シェフ初競演の和洋中おせちが初登場するほか、嗜好(しこう)や体質、家族形態に合わせたターゲット別おせちや、少人数&1人用おせち、広域配送おせちもバリエーション豊富に展開する。

 おせち持ち帰り客を対象に、おせち2個以上(合計5万円以上)の購入客先着30人に、金沢の老舗酒蔵「福光屋」の新年用祝い酒「吟醸新酒」(えと「子(ね)年」ラベル)を進呈する企画も用意する。

 おせちの予約はネット・電話・店頭共に12月25日(水)まで。

初登場となる銀座「三笠会館」のおせち(関連画像)「ザ・ペニンシュラ東京」の越前塗りオリジナル重を使ったおせち(関連画像)初登場となる銀座「Ku」ma3(クマサン)」のおせち(関連画像)初登場となるニーズに対応したターゲット別おせち(関連画像)

アーカイブ

高島屋・関東10店舗でXマスケーキ予約−「ブリリアント」をテーマに、77点

高島屋・関東10店舗でXマスケーキ予約−「ブリリアント」をテーマに、77点 高島屋・関東10店舗の各特設会場と高島屋オンラインストアで現在、「2019年クリスマスケーキ」の予約を受け付けている。既に完売…

阪神梅田本店デパ地下「ハイ!チーズ」フェアに54店舗、63種展開

阪神梅田本店デパ地下「ハイ!チーズ」フェアに54店舗、63種展開 阪神梅田本店1階・地下1階食品売場で10月16日(水)、チーズグルメを集めたフェア「HI!CHEESE(ハイ!チーズ)」が始ま…

松坂屋上野店で「ニッポン人気のうまいもの物産展」−鶏だしラーメンと本まぐろ丼

松坂屋上野店で「ニッポン人気のうまいもの物産展」−鶏だしラーメンと本まぐろ丼 松坂屋上野店6階催事場で10月16日(水)より、全国各地のうまいものが集結する「ニッポン人気のうまいもの物産展」が初めて開催さ…

池袋東武、令和2年のおせち−豪華食材、シェフの技を盛り込んだ「贅沢おせち」など

池袋東武、令和2年のおせち−豪華食材、シェフの技を盛り込んだ「贅沢おせち」など 東武百貨店池袋本店地下2階3番地特設会場で現在、「令和二年 東武のおせち」への予約を受け付けている。

新宿小田急で「秋の北海道物産展」−十勝、パン&スイーツを特集

新宿小田急で「秋の北海道物産展」−十勝、パン&スイーツを特集 小田急百貨店新宿店本館11階催物場で10月2日(水)、旬の北海道グルメを集めた「秋の北海道物産展」が始まった。

シブヤ経済新聞

広域渋谷圏のビジネス&カルチャーニュース

最新ニュース

ヘッドラインニュース一覧

フォトフラッシュ

Bon Nadal(ボン ナダル)

高島屋・関東店の2019年Xマスケーキ。赤いハートを付けた存在感のあるチョコレートのベアがかわいらしい「Bon Nadal(ボン ナダル)」
[拡大写真] [関連記事]

フォトフラッシュ一覧

アンケート

各百貨店のオンラインショッピング、あなたは利用していますか?

アクセスランキング

  1. 阪神梅田本店デパ地下「ハイ!チーズ」フェアに54…
  2. 高島屋・関東10店舗でXマスケーキ予約−「ブリリ…
  3. 松坂屋上野店で「ニッポン人気のうまいもの物産展」…
  4. 「コロンバン」でハロウィーン商戦−「ミイラ」「フ…
  5. 阪神梅田本店で「阪神の北海道市場」−限定みそラー…
  6. 松屋、令和初&増税後初のおせち−華やか・お得感を…
  7. 高島屋・関東で「2020新春おせち」受け付け−初…
  8. 新宿小田急で「秋の北海道物産展」−十勝、パン&ス…
  9. 西武池袋本店で「秋の北海道うまいもの会」−ラム肉…
  10. そごう横浜店で「美味しい日本」初開催−発酵食材・…

アクセスランキング一覧

デパチカドットコムは以下でもチェック!