ヘッドラインニュース

松屋銀座「ギンザ バレンタインワールド」−地域食材を使った限定チョコ、DIYチョコも

(2021年01月28日)

この記事の場所を見る

松屋銀座「ギンザ バレンタインワールド」−地域食材を使った限定チョコ、DIYチョコも

写真を拡大

2021年の「ギンザ バレンタインワールド」で展開する各種チョコレート(一部)

 松屋銀座8階イベントスクエアで、2月3日(水)より、71ブランドのチョコレート商品を一堂に集結するバレンタイン催事「ギンザ バレンタインワールド」が開催される。

【画像】「ダンデライオン・チョコレート」のチョコレートキット

 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策による自粛期間中に展開する今年のバレンタイン商戦。同社では「家で楽しめる」バレンタイン」に向け、国内外の老舗やホテルの「プチぜいたく」な高級チョコレートをはじめ、日本各地の地域食材を使ったチョコレート、家族との時間の共有や知識を得ながらのクラフト感覚で楽しめる「DIY」チョコレート、タブレットチョコレートを購入することで世界の女の子を支援する「#サポチョコ」、老舗和菓子店が手掛けるバレンタイン限定菓子など、「おうち時間消費」を意識した多彩な商品を取りそろえる。

 会場オープンに先駆け、既にオンライン上では約80ブランド、約200種類を展開するバレンタインECを開設。バレンタイン専用ボックスで届けるオンライン限定オリジナルセット商品や、会場では取り扱いのないウェブ限定のブランド・商品も展開し、会場の密を避けつつも、前年同様の売り上げ確保を狙うという。

 注目は、日本人ショコラティエが手掛ける地域食材を使ったチョコレート商品。このチョコレート商品を通して、海外のチョコレートブランドが数多く登場する中、「日本の魅力再発信」につなげる。

 福岡県・糸島市出身のショコラティエ山崎(崎は「たつさき」)陽子さんが手掛けるチョコレートブランド「アトリエ キュイエール」が登場。山崎シェフは、添加物などは使わず、九州産の食材、特に食材が持つ「香り」にこだわりチョコレートを作るという。今回松屋銀座限定で販売するのは、福岡県産シナモンや鹿児島県産辺塚だいだい、宮崎県産パッションフルーツなど、九州の農家や生産者から直接仕入れたフルーツや茶、スパイスを使った「九州ショコラ」(10個入り=3,996円)。箱を開けた時の喜びを意識した華やかさと温かみが感じられるアソートボックスだ。仕立てるチョコレートの形やデザインについて尋ねると、山崎シェフは「形と味はリンクする」と言い、食べる側にどう味わってほしいかによってその形やデザインはおのずと決まってくるという。

 5年前に東京から移住し、沖縄本島北部やんばる・国頭村で自社工房と店舗を構え、沖縄カカオ産業を目指す川合径さんが手掛けるチョコレートメーカー「オキナワ カカオ」は百貨店初登場。地元産の新ショウガを、同じく地元産のサトウキビ糖で炊き上げ、自社農場で自生するショウガ科の植物「月桃(げっとう)」で香り付けしたチョコレートをかけた松屋銀座限定「新生姜(しんしょうが)と月桃のチョコレート」(1箱35グラム入り=1,512円)のほか、地元でしか流通しないシークワーサーや、ニッケイ(シナモン)の一種であるオキナワニッケイなどの沖縄食材を組み合わせたチョコレートなどを販売する。「今後は沖縄産カカオも栽培を成功させ、使う食材は全て沖縄産にし、沖縄産チョコレート販売の実現を目指したい」と意欲的だ。

 世界の製菓コンテストで受賞経験を持ち、「FIPGC2019」で世界1位も受賞したショコラティエ瀧島誠士さんが手掛ける百貨店初登場のチョコレートブランド「セイスト」は、自身の名前「誠士」と、味わい・風味・趣味・好みの「テイスト」の組み合わせから。チョコレート作りはもちろん、ブランドロゴやパッケージデザインまで、瀧島シェフが全て手掛ける。松屋銀座限定で販売するのは、高知県産土佐文旦や栃木県産とちおとめイチゴ、岩手県産紅の夢リンゴなど、国内の農家や生産者が作る食材をチョコレートに閉じ込めた「ワンダフルエンカウンター」(4個入り=2,001円)。地域の活性化も含め、国内の食材を使うことで応援したいという瀧島シェフ。食材の組み合わせや味わいについては、「スパイスなども使うが、何を食べているか、はっきりした味作りを目指している」と言い、学生時代に学んだフレンチが基本となっていて、「キュイジーヌへのアプローチがチョコレート作りに影響している」と話す。

 そのほか、島根・松江「彩雲堂」の和紅茶とバレンシアオレンジようかんを重ねた棹(さお)菓子や、富山「引網香月堂」の富山県産食材を使った上生菓子などの松屋銀座限定商品を販売。既存のミルフィユ専門店「ミルフィユ メゾン フランセ」は、松屋とスキャンデックスによる「ムーミンプロジェクト」として、トーベ・ヤンソンの原作小説の挿絵を箔(はく)押ししたブックタイプの白・黒2つの各パッケージに、季節限定のカフェ味と塩キャラメル味を個包装し詰め合わせた「ミルフィユ セゾン ムーミンエディション」(白・黒2タイプ、2種×4個入り、計各8個入り=3,780円)も販売する。

 同社が女性メルマガ会員を対象に行った事前のアンケート調査(昨年11月6日より4日間実施、953人の有効回答数、平均年齢47.3歳)では、95%以上の女性が今年もバレンタインチョコレートを購入すると回答。うち約6割の女性が「自分チョコ」を購入するとし、その予算金額は平均1万3,616円と昨年よりアップした結果となった。年々自分用チョコへの消費意欲は高まり、「自分で楽しむバレンタインの意味合いはより強まっている」とまとめる。全体の約45%がネットでバレンタインチョコ購入経験または購入したいと回答し、ECサイトへの関心も高まっている。今年の会場への参加については、ピーク時を避ける、一人で会場に行くなど、「バレンタインを楽しみながらも、個々の感染対策への意識も見られる」結果となった。

 会期は2月14日(日)まで(最終日は19時閉場。なお、新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、変更の場合あり)。

「アトリエ キュイエール」山崎陽子シェフと松屋銀座限定チョコレート(関連画像)「オキナワ カカオ」川合径シェフと松屋銀座限定チョコレート(関連画像)「セイスト」瀧島誠士シェフと松屋銀座限定チョコレート(関連画像)「ミルフィユ メゾン フランセ」が販売する「ムーミンプロジェクト」商品(関連画像)松屋銀座〜GINZA VALENTINE WOLD(オンラインストアは2月1日10時まで)

アーカイブ

トルコ発「ナーディル・ギュル」「ディヴァン」、松屋銀座にアジア初の常設店

トルコ発「ナーディル・ギュル」「ディヴァン」、松屋銀座にアジア初の常設店 松屋銀座・地下1階洋菓子売り場に11月11日(金)、トルコ・イスタンブールで180年の歴史を誇る老舗「ナーディル・ギュル…

松屋銀座デパ地下に冷凍食品コーナー「ギンザフローズングルメ」新登場

松屋銀座デパ地下に冷凍食品コーナー「ギンザフローズングルメ」新登場 松屋銀座地下2階生鮮売り場の一角に8月31日(水)、冷凍食品コーナー「ギンザフローズングルメ(GINZA FROZEN …

横浜高島屋デパ地下で代替肉「大豆ミート」のフェア−総菜・パンなど限定品約40種

横浜高島屋デパ地下で代替肉「大豆ミート」のフェア−総菜・パンなど限定品約40種 横浜高島屋地下1階食品売り場で2月16日(水)より、代替肉の大豆ミートに着目した「大豆ミートはこんなにおいしいフェア」が…

高島屋「アムール・デュ・ショコラ」に130超ブランド−バナナ、エディブルフラワーのコラボ企画

高島屋「アムール・デュ・ショコラ」に130超ブランド−バナナ、エディブルフラワーのコラボ企画 高島屋各店で順次、世界のショコラが集結する恒例のバレンタイン催事「アムール・デュ・ショコラ」が開催されている。既に行われ…

松屋銀座「バレンタインワールド」に約600点−酒×チョコのマリアージュ提案も

松屋銀座「バレンタインワールド」に約600点−酒×チョコのマリアージュ提案も 松屋銀座8階イベントスクエアで2月2日(水)より、バレンタインフェア「GINZA バレンタインワールド」が開催される。会…

自由が丘経済新聞

広域自由が丘圏のビジネス&カルチャーニュース

最新ニュース

ヘッドラインニュース一覧

フォトフラッシュ

「アードワーズチョコレート」6種類

松屋銀座デパ地下にオープンしたトルコ発「ナーディル・ギュル」「ディヴァン」。トルコ柄をあしらったカラフルな「アードワーズチョコレート」6種類
[拡大写真] [関連記事]

フォトフラッシュ一覧

アンケート

各百貨店のオンラインショッピング、あなたは利用していますか?

アクセスランキング

  1. トルコ発「ナーディル・ギュル」「ディヴァン」、松…
  2. 高島屋「アムール・デュ・ショコラ」に100超のブ…
  3. 阪神梅田本店で「阪神の北海道市場」−限定みそラー…
  4. 高島屋「アムール・デュ・ショコラ」に130超ブラ…
  5. バタースイーツ専門店「バターステイツ」、西武池袋…
  6. 松屋銀座「バレンタインワールド」に約600点−酒…
  7. できたてグルメをバイク便で即配送、松屋銀座で「グ…
  8. 松屋銀座・浅草で2021年クリスマスケーキ予約−…
  9. 「コロンバン」のワッフル菓子限定復刻、京王新宿店…
  10. 伊勢丹新宿店にパリ発ブーランジュリー「メゾン ラ…

アクセスランキング一覧

デパチカドットコムは以下でもチェック!